本文へスキップ

一般社団法人日本の技術をいのちのために委員会

わたしたちの活動記録company

トップページ > 私たちの活動記録

第3回 京都医工連携カンファレンス定例会

2019年10月12日

業務マニュアルから発掘する臨床ニーズ

 京都府臨床工学技士会では3回目となる医工連携カンファレンスが開催されます。



※.上記画像は2017年12月開催のキックオフイベント


台風により延期

 2019年10月12日に予定されていました本イベントは、台風接近による計画運休の影響などにより、開催が延期となりました。

 詳しくは主催者(京都府臨床工学技士会)までお問い合わせください。





プログラム

基調講演

現場の課題解決につながるマニュアルの作り方
〜業務マニュアル作成に大切な情報収集・要件抽出から情報伝達まで〜

黒田聡
株式会社エレクトロスイシジャパン 代表取締役 社長
大阪大学COデザインセンター 招聘准教授


シンポジウム 『マニュアルの見直しは医工連携につながるのか!?』

1.「マニュアルを通じて培われるコミュニケーション技術から臨床ニーズ発掘の可能性」

吉田哲也
経済産業省 商務・サービスグループ ヘルスケア産業課 医療・福祉機器産業室 係長

2.「BCP(事業継続計画)の策定・見直しで顕在化する災害時臨床ニーズ発掘の可能性」

西 謙一
NES株式会社 代表取締役 / 一般社団法人日本の技術をいのちのために委員会 理事


ワークショップ 『課題解決! 業務マニュアル作成ワークショップ』

ファシリテータ

若山陽介
株式会社エレクトロスイスジャパン マネージャー テクニカルライター

山田 恭二
神戸中央市民病院 臨床工学室 





お申込み

一般社団法人京都府臨床工学技士会 第3回 医工連携カンファレンス定例会